世界中を取材した自然を紹介し、環境に関心を。

2016年12月~2017年3月放送分

食べ放題

グリズリー
アラスカ

詳しくみる
標高6194mのデナリ山を中心に広がるアラスカのデナリ国立公園。ここで親子のクマに出会いました。この公園で一番大きな動物、グリズリーベアです。体重は最大で450kg、体長2.5メートルにもなります。グリズリーは雑食性でなんでも食べますが、ツンドラの大地に実る小さなベリーの実をしきりに食べていました。

白い妖精

エゾクロテン
北海道

詳しくみる
エゾクロテンは北海道内に生息する警戒心の強い小動物です。尾を除く体長は約50cm、尾だけで15cmほど、体重は1~1.5kg程度のイタチの仲間の動物です。2010年の冬季国体のマスコットキャラクターに選ばれた愛らしい人気者です。森林地帯の樹上を中心に生活し、ネズミなどの小型動物や昆虫をはじめ、ヤマブドウ・コクワなど果実も食べます。

天空の神秘

オーロラ
アラスカ

詳しくみる
オーロラという名称はローマ神話の女神アウロラ(Aurora)に由来しています。 アラスカの夕刻、空が暗くなり、ぼやっとした雲のようなものが現れました。それはその後折り畳まれ、揺れる光のカーテンのように空に立ち上がり、そして広がり、ゆっくり消えて行く。かと思うと、また生き返る。このような現象を見ると、大自然への畏敬の念を持たずいられません。

北極地リス

北極地リス
アラスカ

詳しくみる
北極地リスはアラスカのツンドラ地帯にいるリスの仲間です。体長33センチ~48センチの小さなリスで、木には登らず地面で暮らします。土に穴を掘って巣を作り、植物の実を食べます。北極地方に生息し、冬眠中の体温がマイナスにまで下がることが知られており、1年のうち9ヶ月を眠って過ごします。

しぶき氷

吉武滝
広島県・三次市

詳しくみる
広島県三次市の明神山に吉武滝という滝があります。滝は水が落ちるというより、大きな岩盤の上を勢いよく滑り降りていくといった感じです。幅広く幾筋にも分かれて落ちていく水は冬になると周りの草にしぶきがかかり氷結します。ところどころに露出した岩やそこに差す木漏れ日など、自然が織りなす美しい調和を誇っています。

ひとやすみ

カンガルー
オーストラリアカンガルー島

詳しくみる
カンガルーがのんびりと過ごしています。カンガルーというと元気よくジャンプしている風景を想像しますが、ほとんどは食べて休んでいます。この場所は南オーストラリア州の沖合16kmにあるカンガルー島です。カンガルー島は本島から離れ、開発や外来種による影響を受けなかったことが幸いし、オーストラリア独自の貴重な動植物の宝庫となっています。

初雪

コチドリ・ムクドリ・ヒドリガモ
(広島市)

詳しくみる
広島市内で初雪が降りました。温暖化で広島市内では中々雪景色が見られなくなりました。雪が降ったといっても白銀の世界とまでいかなく、薄く積もった程度です。市内を流れる川では、雪が舞う中で野鳥たちが活動していました。岸辺で餌を探すコチドリやムクドリ、川の中のヒドリガモ。いつもと変わりないように見えますが、今後この気候変動は多くの生き物に影響を与えていきそうです。

セリバオウレン

セリバオウレン
三次市

詳しくみる
広島県の県北の三次市は冬は雪が多い地方です。雪解けの季節、セリバオウレンを見つけました。セリバオウレン里山の林に生える小形の多年草で、本州と四国に分布しています。高さは10cmほどで小さい白い花を3つ程度つけます。早春の山裾に咲く白色の清楚な花です。
ページトップへ