世界中を取材した自然を紹介し、環境に関心を。

キャンペーンメッセージ

バックナンバー

2017年8月~11月放送分

雨の屋久島 ハイノキの花 ヤクザル(屋久島)

「月に35日雨が降る」と言われる程雨の多い屋久島。雨の日の屋久島は神秘的な風景を見せます。 ハイノキの花も雨に濡れ白さが増し、しっとりと艶やかでした。屋久島にだけ生息するヤクザルは、フカフカの体毛で雨でもへっちゃらです。このヤクザル、本土と陸続きだった数万年前の氷河期に渡ってきて、雨が多い屋久島の環境に合った姿になったと考えられています。

神の子池 北海道

神の子池は摩周湖の北東の奥にある池で、周囲220m、水深5mのコバルトブルーに輝く池です。摩周湖(カムイトー=神の湖)の伏流水からできているという言い伝えから「神の子」池と呼ばれています。その水量は1日12,000tも湧き出しています。水の透明度は高く、池に沈んだ倒木が水の底に横たわる姿がはっきりと見え、朱色の斑点を持つオショロコマが泳いでいます。

マウントクックタスマン氷河湖(ニュージーランド)

マウント・クックはニュージーランド南島、南アルプス山脈に位置する標高 3,724メートルの ニュージーランド最高峰の山です。23を数える3000m級の山々、その裾野には300年から600万年 前に出来た氷河の先端が崩れた氷河湖が出来ています。湖面を漂う氷山をよく見ると長い年月閉じ込 められた気泡が潜み光線により青く光っています。

キレイにしようヘラジカ (アラスカ)

ヘラジカは体長3メートル体重800キロにもなる最大のシカです。雄の成獣はヘラのように平たい角を持つことが和名の由来です。角は大きく、最大で2メートルを上回ります。生え始めの角は外側が表皮に覆われブニブニしていますが大きくなるにつれて骨化して固くなっていきます。外皮は破れ角にへばりつきます。シカは外皮を取り除くために角をこすりつけます。

バオバブバオバブ(マダガスカル)

マダガスカルの西の町ムルンダバ、町から15キロのところに世界的に有名な場所があります 。まっすぐ一本伸びる道。左右を囲む巨人のような行列。バオバブ。一度見たら忘れられない景色で す。大きな木は高さ20メートル以上、幹の周りは5メートル以上。はっきりした年輪が無いため樹齢 は判りませんが何百年もここに佇んでいるのでしょう。

ジンジソウジンジソウ (帝釈峡)

雄橋(おんばし)は庄原市東城町の帝釈峡にある世界三大天然橋です。そこを流れる帝釈川の岸に山野草が咲いています。花の下に垂れた花弁が「人」の字に似ているためジンジソウ(人字草)と呼ばれています。 山地の渓流沿いやや湿った岩場に多数の白い花をつけます。高さは10~35cm。本州の関東地方以西~九州に分布し、花期は9~11月です。

2017年8月~11月放送分

雨の屋久島ハイノキの花 ヤクザル(鹿児島県)

「月に35日雨が降る」と言われる程雨の多い屋久島。雨の日の屋久島は神秘的な風景を見せます。ハイノキの花も雨に濡れ白さが増し、しっとりと艶やかでした。屋久島にだけ生息するヤクザルは、フカフカの体毛で雨でもへっちゃらです。このヤクザル、本土と陸続きだった数万年前の氷河期に渡ってきて、雨が多い屋久島の環境に合った姿になったと考えられています。

神の子池オショロコマ(北海道)

「月に35日雨が降る」と言われる程雨の多い屋久島。雨の日の屋久島は神秘的な風景を見せます。ハイノキの花も雨に濡れ白さが増し、しっとりと艶やかでした。屋久島にだけ生息するヤクザルは、フカフカの体毛で雨でもへっちゃらです。このヤクザル、本土と陸続きだった数万年前の氷河期に渡ってきて、雨が多い屋久島の環境に合った姿になったと考えられています。

マウントクックタスマン氷河湖 (ニュージーランド)

「月に35日雨が降る」と言われる程雨の多い屋久島。雨の日の屋久島は神秘的な風景を見せます。ハイノキの花も雨に濡れ白さが増し、しっとりと艶やかでした。屋久島にだけ生息するヤクザルは、フカフカの体毛で雨でもへっちゃらです。このヤクザル、本土と陸続きだった数万年前の氷河期に渡ってきて、雨が多い屋久島の環境に合った姿になったと考えられています。

キレイにしようヘラジカ (アラスカ)

ヘラジカは体長3メートル体重800キロにもなる最大のシカです。雄の成獣はヘラのように平たい角を持つことが和名の由来です。角は大きく、最大で2メートルを上回ります。生え始めの角は外側が表皮に覆われブニブニしていますが大きくなるにつれて骨化して固くなっていきます。外皮は破れ角にへばりつきます。シカは外皮を取り除くために角をこすりつけます。

バオバブ(マダガスカル)

マダガスカルの西の町ムルンダバ、町から15キロのところに世界的に有名な場所があります。まっすぐ一本伸びる道。左右を囲む巨人のような行列。バオバブ。一度見たら忘れられない景色です。大きな木は高さ20メートル以上、幹の周りは5メートル以上。はっきりした年輪が無いため樹齢は判りませんが何百年もここに佇んでいるのでしょう。

ジンジソウ(帝釈峡)

雄橋(おんばし)は庄原市東城町の帝釈峡にある世界三大天然橋です。そこを流れる帝釈川の岸に山野草が咲いています。花の下に垂れた花弁が「人」の字に似ているためジンジソウ(人字草)と呼ばれています。 山地の渓流沿いやや湿った岩場に多数の白い花をつけます。高さは10〜35cm。本州の関東地方以西〜九州に分布し、花期は9〜11月です。

2017年4月~7月放送分

ユキワリイチゲ 三次市

三次市粟屋町の山すそで絶滅寸前の野草、ユキワリイチゲを見つけました。ユキワリイチゲは早春に、雪を割って一輪の花(一華)をのぞかせることから、雪割一華(ユキワリイチゲ)の名がつきました。
この花は早春の陽光が大好きです。斜面に日が当たると光を求めて頭を上げ、その白味を帯びた淡い紫色の花びらを広げ、花を咲かせ昆虫を呼び込みます。なんとも上品ですばらしい雰囲気です。

遥かな尾瀬 ミズバショウ・リュウキンカ(尾瀬)

早春、雪解けが始まると尾瀬に春が一歩ずつ近づいてきます。雪の下からはミズバショウやリュウキンカなどの尾瀬の春を代表とする植物が開花します。ミズバショウ(水芭蕉)の白いのは花では無く、花を包み込む葉です。本当の花は芯の黄色いところについています。
リュウキンカ(立金花)の由来は、茎が立っていて金色の花をつけるところからきています。尾瀬は日本でも有数な植物の宝庫です。

孤島に迫る モン・サン・ミッシェル(フランス)

モン・サン・ミッシェルは、サン・マロ湾の沖に浮かぶ、周囲約900m、高さおよそ80mの小さな島です。サン・マロ湾はヨーロッパでも潮の干満の差が最も激しい所として知られています。潮の満ち引きの差は15メートル以上、このためかつては多くの巡礼者が潮に飲まれて命を落としたといい、「モン・サン・ミシェルに行くなら、遺書を置いて行け」という言い伝えがありました。

海でかくれんぼ リトルファイルフィッシュ(フィリピン)

リトルファイルフィッシュと呼ばれる、体長は2cmほどのかわいいハギを見つけました。日本には居ない魚なので、和名はありません。浅場のソフトコーラル(サンゴ)に擬態し、模様が似ていると同時に体からサンゴの突起のよう名ものが出ています。
小さなかわいい魚はダイバーの間で人気の魚です。

森の中で食事中 アメリカアカリス(アラスカ)

アラスカで湖畔の森の中を歩いていると樹の上にアメリカアカリスを見かけました。アカリスは秋、冬に備えエサの針葉樹のエゾマツ、アメリカハリモミ(white spruce)、クロトウヒ(black spruce)などの松ぼっくりを地上に落とし、巣穴に運びます。
食べるときは松ぼっくりを回転させながら、エビフライ状になるまで綺麗に食べます。

キョウジョシギ キョウジョシギ(松永湾)

5月松永湾にキョウジョシギ(京女鴫)を発見しました。全長22cm。シギの中では短い足(赤橙色)をしています。名前の由来は目立つまだら模様を京都の女性の着物にたとえてつけられました。
くちばしで石をひっくり返して小さな昆虫やゴカイ、甲殻類などを食べる習性を持ちます。ゲレゲレなどと、にぎやかに鳴きます。

スリランカヒョウ スリランカヒョウ(スリランカ)

あらゆる野生動物の中で、とりわけ美しいのがヒョウといわれています。スリランカはヒョウの生息密度が高く、世界で最も遭遇しやすい場所です。
ヒョウは肉食でここでは生態系の頂点に居ます。ヒョウがにらむとスリランカマダラジカやハイイロオナガザルは驚いて逃げていきます。

バックナンバー

| 2016年度  | 2015年度  |
ページトップへ