広島ホームテレビ放送番組審議会

▼第475回

開催日:平成30年3月28日(水)
場所:広島ホームテレビ 本社 特別会議室
【課題番組】
テレメンタリー 2017
爆心地を語る ~78人の証言テープ~

放送:平成29年7月31日(月) 26:25~26:55
制作:広島ホームテレビ

番組について

広島大学 原爆放射線医科学研究所(原医研)に保管されている大量の資料。
その中に1960~80年代に収録された被爆証言があった。
声の主は、爆心地から半径500m以内にいながら生き残った人たち。
"死のエリア"の生存者は1972年の時点で、78人。
その近距離被爆者も現在9人を残すだけとなった。
これまでほとんど表に出ることがなかった証言テープの声を聴いたとき、被爆者本人や家族、遺族は何を思い、何を考え、何を語るのか――。

合評での意見
  • 当時の惨状を表現している生の声は迫力があり、感動した。
  • 爆心地で被爆して生きている人がいた事に驚いた。
  • 声の証言者が、その後どのような人生を送ったかを伝えることが肝であると感じた。
  • 核がいかに非人道的な兵器であるのかという事が伝わる番組である。
  • 福島など、まだまだ被爆問題は残された課題である、大切な番組と感じた。
  • なぜ、今まで被爆の惨状を語らなかったのか。その理由が解き明かされた事に価値がある。
  • 被爆者をケアしている鎌田さんの活動をもっと知りたかった。
  • 被爆者の方だけが登場する内容に編集しなおして、原爆資料館を訪れる人に観て貰うことは出来ないか。
  • 家族のコメントも削ぎ落として、被爆者の方のお話だけで構成しても良かった。

▼第474回

開催日:平成30年2月21日(水)
場所:広島ホームテレビ 本社 特別会議室
【課題番組】
中四国ブロックネット特別番組
わざわざ行きたい!! 山本耕史の瀬戸の島旅

放送: 平成29年11月25日(土) 14:00~14:55
制作: 広島ホームテレビ

番組について

穏やかな凪の世界観に包まれた「瀬戸内」。
夕日が沈む多島美、豊かな海産物、まるで宝石箱のように散りばめられた情景が広がるこのエリアは、いま、世界的にも注目を集めつつある。
そんな瀬戸内にはまだまだ「わざわざ行きたくなる」スポットが点在していることをご存知だろうか?
アートに包まれた島にある、地元の海産物を活かした 料理・ホテル・劇場。
週末限定であっという間に売り切れるスイス人が営む 離島のパン屋さん。
日々の有難みを感じることが出来る無人島体験。
そして、あてのない手紙がたどり着く漂流郵便局。
旅人・山本耕史が各島を巡り、人々とのふれあいや島ぐらしへの思いに迫り、新たな瀬戸内の魅力を発見していきます。

合評での意見
  • 美しい風景・グルメ・歴史を予想していたが、ぜんぜん違う内容で逆にひきつけられた。
  • 知らないユニークな取り組みをしている島が紹介され、とても興味深かった。
  • ナビゲーター山本耕史が非常に好感を持てた。肩に力が入った所がなく自然な反応でいい味が出ていた。
  • 地元福山出身のナレーター西田尚美さんはのんびりとした話し方で良かった。
  • オープニングが良かった。そこで一気に引き込まれた。
  • ありが島の部分はテーマにあっていないのでカットすべきである。
  • 島の新しい魅力を発見しようという試みのある番組だが、住んでいる島民自体がどう思っているのか等のフォローが欲しい。
  • 漂流郵便局の部分はホロリとさせられ良かったが、山本耕史の手紙が稚拙で残念であった。
  • 各局をまんべんなく紹介するという縛りが、内容をごちゃ混ぜにしている。
  • ベーカリー、食事、ホテルは必要ないのでは。アートの島に統一した方が良かった。

▼第473回

開催日:平成30年1月24日(水)
場所:広島ホームテレビ 本社 特別会議室
【課題番組】
報道特別番組
被爆者オスロへ 7日間の旅
~授賞式で見た「核兵器の終わりの始まり」~

放送: 平成29年12月30日(土) 7:30~8:00
制作: 広島ホームテレビ

番組について

ノーベル平和賞の歴史で、初めて被爆者が授賞式の壇上に立った。
ことし受賞したのはジュネーブに事務所を置く国際NGO「ICAN」=核兵器廃絶国際キャンペーン。
ICANが被爆者とともに訴えてきた核兵器禁止条約が、7月に国連で採択されるなど、今年、その活動は大きな節目を迎えた。
そんな歴史的授賞式を見守るため、ノルウェー・オスロへ向かった被爆者たちがいる。
番組では県内に住み、被爆者団体で活動を続けてきた75歳の被爆者男性に密着。
地元での被爆証言や署名活動、さらにその署名を国連に届けるなど活動をしてきたが、ICANの活動を意識して見るのは初めて。
果たして、そのICANは、そして授賞式は、どう映るのか。
高齢化が進み被爆体験の継承など、多くの課題を抱えるヒロシマ。
そんな中、平和活動を続ける被爆者が、オスロで見つめた「核兵器の終わりの始まり」、そして被爆者の未来とは。

合評での意見
  • 初めて被爆者がノーベル平和賞の授賞式の壇上に立つという歴史的な出来事をカバーし、広島の被爆者らに同行してオスロの模様を記録したことを評価したい。
  • 日本被団協委員の心の変化に注目し、不満を持っていた被爆者から、最後は「ICANの運動こそが世界に訴える手段だと」という言葉を引き出したのはすばらしい。
  • 材料をたくさん集めたが、整理できないうちに番組を作ったという感じ。
  • ノーベル平和賞、ICAN、ピースボート、被団協、核兵器禁止条約など重要なピースはたくさんあるのに、どれも掘り下げるこのなく終わった残念な番組。
  • ICAN、ピースボート、被団協のつながりや関係が明確に分らない。
  • 色々な人が日本から同行していた。どういうグループで行かれたのか、その辺の説明もあったほうが良かった。
  • 分っている人にはわかるが、分っていない人には、わからないまま終わった番組。分りやすい番組を制作して欲しい。
  • 被爆国として、何が出来るかという視点で作り直したら、いいものが出来る。

▼第472回

開催日:平成29年11月15日(水)
場所:広島ホームテレビ 本社 特別会議室
【課題番組】
新にほん風景遺産
広島・世羅 山間の門前町の夏祭り
~父と子共演 300年続く伝統のしろうと舞台 奮闘記~

放送: 平成29年9月30日(土) 16:00~16:55
制作: 広島ホームテレビ

番組について

各地に残る、四季折々の自然、古からつづく営み、変わらない風景...。日本人なら誰もが本能的に持っている"どこか懐かしい風景"を求めて旅に出る新にほん風景遺産。
今回は広島県のほぼ中央の世羅町です。
世羅町甲山で普段は閑散とした通りが3万人もの人で賑わう祭りがあります。
江戸時代より300年続く「甲山廿日えびす」です。
三台のだんじりに昼間は子供をのせた「つり人形」、夜は若連中が演じる「にわか狂言」を従えて、お囃子を奏でながら町を練り歩きます。
拍子木がなり「東西とうざい・・・これなる外題は・・・」と時代を風刺したお芝居が路上で演じられていきます。
番組では親子3代でにわか狂言にのめり込む家族、芦田川上流の鮎漁と鮎料理、世羅高原の花とフルーツの里誕生秘話を俳優 中本賢さんが二泊三日の旅で探ります。

合評での意見
  • 祭りと観光がうまく融合されていた。
  • 最近触れることが出来ない、なつかしい体験をすることが出来た。
  • 自分が楽しむのが祭り、その意味が良く分かる番組であった。
  • 俳優の中本賢さんの一つ一つのコメントに味わいがあった。
  • 中本さんの前向きな姿、地元に溶け込んで自然体で話されているのに好感が持て、番組がしまった。
  • 上空からのドローンを使った映像がとても美しかった。
  • 祭りのテーマである「おいしい世羅」が、祭りの中でどのように展開されて行ったのかが番組で紹介されていなかった。
  • 世羅では風刺が効いた狂言が何故行われるのかが説明されていなかった。
  • 鮎や農園の部分が番組とは結びつかなかった。
  • 祭りの狂言芝居をしている横で、歩行者が無関心で通り過ぎるシーンが見られたが、歩行者が映らない工夫をするべきである。

※「放送番組の種別ごとの放送時間」の報告
2017年4月~2017年9月に放送した番組の「種別ごとの放送時間」について報告があった。

▼第471回

開催日:平成29年10月18日(水)
場所:広島ホームテレビ 本社 特別会議室
【課題番組】
荒ぶる神輿の真剣勝負
~尾道祇園祭・三体廻し~

放送: 平成29年8月5日(土) 16:00~16:55
制作: 広島ホームテレビ

番組について

尾道三大夏祭りのひとつ「尾道祇園祭・三体廻し」は、江戸時代から続く伝統ある祭り。
一つ巴、二つ巴、三つ巴と呼ばれる三つの地区の氏子達が、それぞれの神輿を担ぎ、幟の下を周る速さを競います。
一瞬の駆け引きが勝敗を分け、巴の絆が試される真剣勝負。担ぎ手たちは、男の誇りをかけて神輿廻しに挑みます。
番組では、そんな担ぎ手達の祭りに対する熱い思いを追いながら、荒々しく勇壮な真剣勝負を迫力ある映像でお届けします。

合評での意見
  • 初めて知る祭りで大変勉強になった。
  • 素直に画面に引き込まれて、最後まで興味を失うことなく観ることが出来た。
  • 三つの地域に分かれて行われる祭りが、分りやすく表現されていた。
  • 全体像が良く分る作品で、祭りの意義が適切に表現されていた。
  • 祭りに対する地域の人たちの強い思いが伝わる作品であった。
  • どこでもあるような祭り、構成もワンパターン化して新鮮味がなかった。
  • ストーリー性がなくドラマチックな要素もなく、面白みに欠ける作品であった。
  • クライマックスの三体廻しの勝負がどのようにして決まるのか、良く分らなかった。
  • 子供も意識して、大勢の親子が見られる時間帯に放送して欲しい。
  • ドローンなどを使用して多角的に撮影すれば、もっと迫力を出せたのではないか。

▼第470回

開催日:平成29年9月27日(水)
場所:広島ホームテレビ 本社 特別会議室
【課題番組】
「HOME Jステーション原爆の日SP
~爆心地を語り続ける~」

放送: 平成29年8月6日(日) 12:00~12:55
制作: 広島ホームテレビ

番組について

被爆72年の今年、前文に「ヒバクシャ」という単語が盛り込まれた核兵器禁止条約が採択されました。
被爆の惨状を語り続けた被爆者たちの努力のひとつの結果が見えた年となりました。
そんな語り続けた被爆者たちの苦難の72年を、1960年~80年代に収録されたインタビューテープを元に読み解きます。
人に被爆体験を話してこなかった被爆者の録音テープには、被爆証言とは違った生々しい本音の言葉が並んでいます。
語らずに亡くなった被爆者、語ることを決めた被爆者、語ることを受け継いだ人・・・
様々な72年を、VTRや生出演、中継などを交えて伝えます。

合評での意見
  • テーマが明確で分りやすい番組であった。
  • パノラマ模型を使っての説明が、効果的で分りやすかった。
  • 被爆者の声は、その裏にある人々の生活を想像させる。悲惨な情景を伝える証言としての重要性を感じた。
  • 筋書きのないありのままの番組であるがゆえに、素直に心に響いた番組であった。
  • 被爆者が被爆体験を多く語らない理由が良くわかった。
  • 余計な味付けをせず、淡々と事実を積み重ねてく作り、生番組であるだけに良かった。
  • 関心を持たない視聴者に、いかに関心を持たせるか。その工夫が必要。
  • ライブ映像を入れることで番組が雑になる。ライブであるがゆえに、インタビューのやり取りなど、視聴者に余計な気を使わせる部分がある。
  • ありきたりの被爆番組のように感じた。戦争というくくりのテーマをもっと広げて制作して欲しい。
ページトップへ