緊急地震速報について
緊急地震速報とは緊急地震速報はどのように放送される?緊急地震速報の限界緊急地震速報 行動の基本

緊急地震速報とは

緊急地震速報は、地震発生の直後に、震源に近い地震計でとらえた観測データから各地の揺れの大きさや時刻を推定し、揺れが来る前に知らせるものです。
地震が発生すると「P波」と呼ばれる初期の小さな揺れが発生した後、
「S波」と呼ばれる大きな揺れが来ます。

P波は秒速7〜8キロ、S波は秒速3〜4キロの速さです。

緊急地震速報はスピードの速いP波を観測・解析し、
S波の到達前に、揺れが起きる地域や震度を一般に知らせることができます。

↑topに戻る

緊急地震速報はどのように放送される?

広島ホームテレビでは、チャイムと同時に「ニュース速報」のような形式で伝えます。
↑topに戻る

緊急地震速報の限界

緊急地震速報は、あくまで被害を減らすことが目的であり、利用には注意が必要です。


緊急地震速報では、情報の発表から強い揺れが到達するまでの時間が、長くても十数秒から
数十秒と短いため、直下型地震など震源に近いところでは情報が間に合わないことがあります。



緊急地震速報では、これから来る地震の強さを完全に予測できるわけではなく、
震度で±1程度の誤差が生じることがあります。
最初に来る小さな揺れを頼りに大きな揺れを予測するため、正確性に欠けるからです。



気象庁が送信するデータは誤報(実際に起きていない地震データ)が発信されないよう
2箇所以上で地震波を観測することが要件となっていますが、
誤報がまったくないという保証は出来ませんし、
放送システムが誤作動する懸念もあります。

↑topに戻る

緊急地震速報 行動の基本

周囲の状況に応じて、あわてず、まず身の安全を確保しましょう。


↑topに戻る

広島ホームテレビ
Copyright(C) Hiroshima Home Television Co.,Ltd.