プレスリリース

8月6日(木)午前8:30~8:59 テレメンタリー2015「宿命 -トルーマンの孫として-」

2015.07.09

20150709_01.jpg

「原爆が戦争を早く終わらせた。多くの兵士の命を救った。」
アメリカでは、いまだその正当性を支持する声が根強い。


原爆投下を命令したトルーマン大統領。
その孫であるクリフトン・トルーマン・ダニエルも
幼い頃から原爆は正しかったと教えられてきた。


2012年、和解を求め、初めて被爆地を訪れた。
しかし、彼を待っていたのは「謝罪を求める声」だった。


その後、人知れず被爆者と会い、証言を集め続けたダニエル。
いま一冊の本を出版しようとしている。
ダニエルが伝えようとするものとは?


祖父の遺産を見つめ続けた孫は、
70年前の決断に、どのような答えを出すのか。

ページトップへ