プレスリリース

恋すぽスペシャル V7特番・CARPリーグ制覇の軌跡2016

2016.10.06

カープ優勝ドキュメンタリー特番優勝の軌跡をチーム関係者らが証言

◆番組名
「恋すぽスペシャル V7特番・CARPリーグ制覇の軌跡2016」

◆放送日時
10月10日(月)午後3時~午後4時49分
161006_01.jpg

◆内容
2016年、25年ぶりの優勝を果たした広島カープ。前田健太(現・ドジャース)が抜け、決して前評判が高くなかったチームがいかに栄冠を勝ち取ったのか?

若手の各選手が去年の悔しさを糧に成長した姿を披露したシーズン序盤。チームが好調を維持する中、ベテラン新井は2000本安打という偉業に近づいていく。「新井さんのために何とか良い戦いを...」と若手たちが願えば、当人の新井は「記録よりもチームの勝利を」。

それぞれがチームを思い、チームのために戦う中で勝ち星を積み重ね、さらに信頼を深めていく。
その好循環の中、新井は2000本安打を達成。その後、チームは次の目標〝黒田の200勝〟を目指し突き進んでいく。目の前の試合、目の前の目標を達成しながらカープは優勝への歩みを進めていった。

チームを思う精神的な部分の繋がりが強さの要因の一つだが、技術的な改革が進められた成果が各試合で実を結んでいた。石井打撃コーチと河田守備走塁コーチによる〝意識改革〟はチームの得点力をリーグ№1に押し上げ、マエケン不在を危惧された投手陣は想定を上回る好成績を残した。

カープの強さの要因、そして優勝の軌跡を関係者の証言を交えながらドキュメンタリー形式で総括する。

ページトップへ