プレスリリース

「HOMEぽるフェス2016」大盛況!

2016.11.28

20161128_01.jpg

広島ホームテレビは 11 月 26 日(土)・27(日)の 2日間、基町クレド・パセーラ(広島市中区基町)をメイン会場に、 「HOMEぽるフェス2016」を開催しました。4 回目となる今年のテーマは"未来のドアを開こう!"。
すべての自社制作番組が会場に集結することはもちろん、来場者にテレビの楽しさを体験してもらえるような"未来感"をテーマにコンテンツを企画しました。
自社制作番組『ひろしま深掘りライブ フロントドア』の公開生放送では番組 MC のロザン、『恋とか愛とか(仮)』の公開収録では犬山紙子さん・さいねい龍二さんらが登場。また「スペシャル漫才コントライブ」では、ロザン、ザ・ニュースペーパー、シソンヌ、ラフレクラン、藩飛礼らが登場し、会場を笑いの渦に包みました。20161128_02.jpg
そして今年、25 年ぶりの優勝を果たしたカープ関連のコンテンツも。
まずは田中広輔選手・安部友裕選手のトークショーを 11 階で開催。また、カープ OB の前田智徳さんがゲストの『カープ道』公開収録や、北別府学さんが登場した『HOME J ステーション』のステージも。さらに、選手のユニフォ ームや、黒田投手の旧市民球場時代のロッカーなどを展示した「カープ V7体感パラダイス-熱狂の瞬間展- inぽるフェス」など、多くのカープファンが会場に集結しました。
ほかにも、サンフレッチェ広島 塩谷司選手・清水航平選手のトークショーや、人気芸人AMEMIYA さんのステージなど、豪華ゲストが会場を盛り上げました。
11F ブースでは話題のバーチャルリアリティ技術を使った「世界まるごと水族館」や、「よなよなテレビ」出演者と不思議な写真が撮影できる「動く3D トリックアート」など、体験型コンテンツも。さらに HOME の番組で使用した直筆フリップやサインボールなどを展示した『HOME の番組オンパレード』、『金曜☆ロンドンハーツ』コーナー、『魔法使いプリキュア!』アフレコ体験など、各年代で楽しめる番組のブースが勢揃いしました。
20161128_03.jpgグルメでは、『HOME J ステーション』の人気コーナー「しあわせベーカリー」から飛び出したパンマルシェを初開催。番組で紹介した人気の 8 店舗が会場に集結しました。また『あっぱれ!熟年ファイターズ』は、むすびのむさしとコラボし、むすび・うどんを開発。『ぶちぶちシソンヌ』は北広島町とのコラボで、シソ入りの焼きそばを販売しました。
イベントの最後を締めくくったのは、今年のぽるフェス宣伝隊を務めた「HOME.NEXT4」ら。さらにケロポンズが制作した「ぽるぽるダンス」を女性アナウンサーが披露するなど、和やかな雰囲気で 2 日間が終了しました。
20161128_04.jpgサテライト会場のアクア広島センター街では、映画「ファーストアルバム」の上映会を、紙屋町シャレオ中央広場では、「瀬戸内ブランド」グルメフェアやトークショーなどを開催。さらに 26 日に開局したHOMEのインターネット番組配信用スタジオ「ぽるぽる STUDIO」では、ぽるフェスゲストの末延麻裕子さん(バイオリニスト)らが番組に出演するなど、ぽるフェスとも連動をしました。
メイン会場となった、基町クレド・パセーラの 2 日間の来場者数は合計約 7 万1600 人となりました(サテライト会場については下記の通り)。
今年も、多くの視聴者のみなさんと直接ふれあえる場となったと同時に、紙屋町一帯の賑わいの創出にも繋がりました。今後も、こうした人と人のつながりを創出するイベントを開催することで、ますます広島を盛り上げていきたいと考えています。


◇ メイン会場(基町クレド・パセーラ)...11/26(土):36,400 人 11/27(日):35,200 人 2 日間合計:71,600 人
◇ 紙屋町シャレオ中央広場...11/26(土):1,311 人 11/27(日):1,361 人 2 日間合計:2,672 人
◇ 紙屋町シャレオ中央広場...11/26(土):5,000 人 11/27(日):5,000 人 2 日間合計:10,000 人

ページトップへ