情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針書

1.目的

 株式会社広島ホームテレビは、『「豊かな情報空間の創造」に常に取り組み、安全で活力のある生活の実現と希望あふれる未来に貢献します。』をモットーに、業務活動における情報を貴重な財産として大切に取り扱います。これらの情報を安全かつ効率良く活用するために、当社は、情報に対する適切な管理を推進し、情報を積極的に活用するための基盤を構築、維持していきます。また、企業の社会的責任において、情報の漏えいや不正利用等社会的信用を失う事態を防止するため、当社は、情報に対する適切なリスク管理を重要な情報戦略の一つとして位置付け、取り組みます。
  そのため、当社は情報セキュリティ基本方針書を定め、情報を利用する当社の役員及び従業員ならびに社外の関係者は、この基本方針に従って適切な情報セキュリティを確保することを宣言します。

2.情報セキュリティ基本方針

(1)情報資産の保護
社内情報資産を情報の破壊、漏えい、盗聴、改ざん、ウイルス感染等の脅威から保護するために適切に取り扱います。

(2)情報保護体制の確立
セキュリティ対策を実行、制御し、施行されるセキュリティ対策を、企業風土として定着させるため、管理的枠組みを明確にします。

(3)企業情報倫理対策の実施
社内情報資産を承認されたビジネス目的のためだけに効率良く使用します。また、そのために必要な情報倫理対策を講じます。

(4)定期的な見直しの実施
構築した情報保護態勢は、環境変化に合わせるため定期的に見直しを実施します。

2013年10月1日
株式会社広島ホームテレビ
代表取締役社長 伊藤 裕章

ページトップへ