11月24日放送

山口発!"コンディトライHAKU"の「パウンドケーキ」

コンディトライHAKUのパウンドケーキは、岩国市美和町の特産、岸根(がんね)栗(ぐり)を使った商品です。
1180年頃、美和町坂上地区に逃れてきた平家の落人の中に、接ぎ木の名手がおり、地元の栗と大栗の木を接ぎ木したのが岸根栗の始まりと言われます。
大きさも一粒30g以上と日本最大級の大きさで、砕けやすい粉質と甘くまろやかな味が特徴です。
その岸根栗を使ったお菓子作りをするのが、地元の吉岡芳美さん。
「お菓子を通じて美和を知ってほしい」とお菓子作りを始めました。
パウンドケーキに使う渋川煮は、実を傷つけないように、鬼皮をはいで何度も茹で、一週間徐々にシロップ濃度を濃くするなど作業に手間がかかります。
しかし、吉岡さんは「いいものを作りたい」「一つ一つ大切に栗を拾てくれる農家さんの苦労に応えたい」と手を抜きません。 また、材料にもこだわり、発酵バターとキビ砂糖、地元の有精卵を使用しています。
ケーキの中には3つの大きな渋川煮、上には砕いたクリとスライスアーモンドが乗せられ、「おいしいものを作って、農家さんの活性化につなげたい」と話しています。

放 送 日 2014年11月24日
商 品 名パウンドケーキ
店 名コンディトライHAKU
住 所山口県岩国市美和町渋前361
問い合わせTEL:090-7376-6624/FAX:0827-96-0897
販売価格1本 2000円(税込・送料別)
備 考コンディトライHAKU 公式サイト

11月17日放送

岩手発!"和菓子の文生"の「林檎ジャムのマドレーヌ」

開業11年の「和菓子の文生」。
あんこにこだわった和菓子は評価が高く、昔からのファンが多いという。
また、産直などにも出店していて、市内だけではなく、県内各地で食べられる。
季節に合わせたお菓子を作るため、「林檎ジャムのマドレーヌ」は来年3~4月までの期間限定の販売。

放 送 日 2014年11月17日
店 名和菓子の文生
住 所岩手県盛岡市下太田下川原160-10
問い合わせTEL:019-659-1888/FAX:019-659-1888
受付時間FAXで24時間対応
販売価格10個入り 2180円(税込・送料別)
備 考「チャグまるしぇ滝沢」和菓子の文生ページ

11月10日放送

広島発!"檪kunugi"の「月・太陽」

広島市西区に本店がある洋菓子店 櫟(くぬぎ)。
今年で創業20周年を迎えこの春、新たにオープンした5店舗目となる「櫟カフェ」で焼き上げられる新商品「太陽」と「月」を発売しました。
それぞれ違うタイプのバウムクーヘンを使っています。
商品のモチーフとなっているのは、世界遺産、厳島神社の大鳥居。その屋根の東西に描かれている太陽と月をイメージして作られました。 まず「太陽」は、サンバームと呼ばれるハードタイプのバームクーヘンを使用。
太陽の光をたっぷり浴びて育った「広島レモン」を入れた生地で、焼くときにあえて、とげの部分を出し、太陽の炎熱をイメージしました。 センターには北海道産の濃厚なチーズスフレをふんわりと焼き上げています。
一方「月」はしっとりふんわりのソフトタイプのバウムクーヘンを使用。センターにはバニラのカスタードスフレを焼き上げ、表面は砂糖をバーナーであぶってキャラメリゼ。
オーナーパティシエールの兼田さんは、意外と知られていない、大鳥居に印された太陽と月の話を商品を通じて広め、広島県の観光にもつなげていきたいと意気込んでいます。

放 送 日 2014年11月10日
商 品 名月・太陽
店 名檪kunugi
住 所広島市西区己斐東1丁目2-21
問い合わせTEL:082-272-0001/FAX :082-272-0330
販売価格1セット 1860円(税込・送料別)
備 考櫟 公式サイト
ページトップへ