10月27日放送

山口発!"道の駅 萩往還"の「萩昭和レモンケーキ」

「萩昭和レモンケーキ」は、2年前(2012年)に倒産した萩市の菓子メーカ―「神戸屋」の味を再現し、今年6月から販売しています。
「神戸屋」は昭和初期から続いた店で、市民の間で「あのレモンケーキをもう一度食べたい」という声があることを、道の駅萩往還の駅長、篠原さんがすくいあげました。
なぜか「レモンケーキが復活する」という噂が先行してしまったそうです。
昭和中期、高度経済成長で豊かになっていく日本を背景に全国で親しまれたレモンケーキは、「人々の持つ幸せな昭和の記憶を蘇らせてくれる」と篠原さんは考え、復刻することにしたのです。
かつて「神戸屋」に勤めていた職人、藤原隆司さんが、当時のままの味を再現。生地には萩の特産、夏みかんピールが入り、地元ならではの素朴な味に仕上がっています。

放 送 日 2014年10月27日
商 品 名萩昭和レモンケーキ
店 名道の駅 萩往還
住 所山口県萩市大字椿字鹿背ヶ坂1258
問い合わせ0838-22-9889
販売価格1箱(6個入り) 1080円(税込・送料別)
備 考道の駅 萩往還 公式サイト

10月20日放送

愛媛発!"創作餅菓子工房 もち平"の「朝霧」

愛媛といえば、柑橘のイメージが強いですが、秋はブドウの収穫も盛んです。
ブドウを長い期間楽しむため、干しブドウを使ったお菓子を作ることにしたのですが、実は店主は干しブドウが苦手...。
そんな自分でもおいしく食べられる干しブドウを作るために、様々な工夫をしてきました。
そうしてできあがった自慢の干しブドウとクリームチーズを、かるかん生地で包み込んだ一品。

放 送 日 2014年10月20日
商 品 名朝霧
店 名創作餅菓子工房 もち平
住 所愛媛県松山久万ノ台348-1 松山中央卸売市場
問い合わせ089-924-1924
受付時間午前8時~午後4時
定 休 日日・祝日
販売価格1本1080円(税込・送料別)
備 考創作餅菓子工房 もち平 公式サイト

9月29日放送

岩手発!"あすなろホーム"の「北限のゆずフロマージュ」

ユズは、もともと、自宅の庭先に当たり前のように植えられていたもので古い木では200年以上前からあったそうです。
震災を機に、岩手の酒造会社が陸前高田市のユズを使いたいと言ったのが始まりで、「北限のゆず研究会」を先導に、ゆずを特産品として広めるための活動が始まっています。
自家消費するためだけに植えられていたユズなので、お菓子やお酒などを商品化するにはユズが少なく、現在、ユズの木を植える計画も立てています。
「北限のゆずフロマージュ」を作っている、あすなろホームも「北限のゆず研究会」のメンバーです。

放 送 日 2014年9月29日
商 品 名北限のゆずフロマージュ
店 名あすなろホーム
住 所岩手県陸前高田市
問い合わせTEL:0192-55-2978/FAX:0192-53-1336
受付時間午前9時~午後5時
定 休 日土・日・祝
販売価格1950円(箱入り)(税込・送料別)
備 考あすなろホーム 公式サイト
ページトップへ